about

This project divided into two main content.
Firstly, by hacking a knitting machine, exposing the environment that can be output an image as knit by anyone. Secondly, by using the knitting
machine that we hack, to make a “Glitch Knit”.
The glitch is "damaged of data or machinery" and "damaged data but
possible to play". The “Glitch Knit” has two different way. One is output of the digital image data which was glitched. The other is to damage the
structure of lace knit. It is output as knit full of holes.
Knitting machine that is hacked, is introduced as a new equipment in
FabLabShibuya, and how to hack is also published on Github and
Instructables.
In this project, knit work is also the work, and the environment itself for
making the knit is also work.
This is a kind of digital fabrication, extension of the handicraft, and device hacking. And more this is the one of methodology for fashion design and a thing descended the glitch movement.


このプロジェクトは、内容としては大きく2つに分かれています。1つ目は、ニッティングマシーンをハックし、誰でも画像をニットとして出力できる環境を公開すること、2つ目は、ハックしたニッティングマシーンを使ってグリッチニットを作ることです。
グリッチとは、”機械やデータの破損そのもの”や、”破損しているけれど再生が可能な状態”のことを指します。 グリッチニットの制作方法は2つあります。1つはグリッチした画像データを、ニットとして出力したもの。もう1つはレース編みの構造を破綻させ、穴だらけのニットとして出力したものです。
ハックしたニッティングマシーンは、FabLabShibuyaに新たな機材として導入され、そのハックの方法も含めて公開されています。
このプロジェクトでは、ニット作品も作品であり、ニット作品を作るための環境自体もまた、作品です。 これはデジタル・ファブリケーションの一種であり、手芸の延長であり、デバイス・ハッキングでもあり、かつ、グリッチ・ムーブメントの流れを汲んだもので、そしてファッション・デザインのための一つの方法論です。

Designer
Nukeme
nukeme.nu
Hardware engineer
Tomofumi YOSHIDA
techno-shugei.com
Software engineer
So KANNO
kanno.so
Support
Emi YAMAMOTO
www.fablabshibuya.org